血圧と肌の悩みと解決法

シミが増えてしまわないか心配!

投稿日:

若い頃は気にもしなかったシミですが、30歳を目前に迎えたいま頬のところどころですが小さなシミが目立つようになってきました。

 

20代の時は年と共にシミが出来ていくなんてことを気にしたことすらありませんでした。

 

当たり前のように外に出て遊び、日を浴びて、気が向いた時だけ日焼け止めでも塗ってみようかなという感じだったように思います。

 

そこで気になったのが、シミはどのようにして出来ていくかということです。

 

このメカニズムがしっかりとわかっていれば事前にシミが出来ることを防ぐことが出来るかもしれません。

 

そもそもシミはなぜできるの?

 

シミは厚さわずか0.1~0.3ミリほどの表皮の中で発生するそうです。

 

紫外線などのしげきによってメラニンが作られ、それが代謝されずに蓄積することでシミとなるそうです。

 

そこでまたまた疑問ですが、シミの原因となるメラニンが作られてしまうのにはどんな理由があるのでしょうか?

 

そもそもメラニンが作られなければシミが出来ることがないので、メラニンが蓄積しないように注意すれば良いことになります。

 

シミの原因となるメラニンはどうやってできてしまうのか。

 

表皮が紫外線を浴びてしまうと、メラノサイト(色素系細胞)に信号が送られ、メラニンが形成されてしまうそうです。

 

このメラニンはケラチノサイト(表皮細胞)にとどまって、紫外線から肌細胞を守る働きをするそうです。

 

そのメラニンが代謝されず、蓄積することによってシミとなった肌に表れてしまうのです。

 

メラニンが代謝されない原因にはいくつかあり、紫外線があまりにも多すぎて追いつかない場合や、加齢とともに代謝が悪くなってしまって作られてしまうことや、睡眠不足で女性ホルモンが不足して出来てしまう場合などがあります。

 

そんな一度できてしまうとなかなか大変なシミですが事前の対策などはないのでしょうか?

 

シミが出来ないように私にできる対策!

 

まず、一番皆さんも知っていることは『日焼け対策』です。

 

外出するときはもちろんのこと、曇りやあまり日が出ていないように見える日でも日焼け止めは塗るようにしましょう。

 

夏場は特にこまめに塗ることが重要になってきます。

 

また、海などに行く予定や長時間屋外にいる予定がある場合は前日にパックをしておくことが大事です。

 

お肌がダメージを負ってしまってからでは遅いので事前の対応が大切です。

 

まとめ

 

一度できてしまうとなかなか消すことの難しいシミですが、事前に出来る対策が沢山あることがわかりました。

 

私自身もこれ以上増えてしまうと年齢的にも消すことが難しいと思うので、一つ一つ対策をしていきたいと思います。

 

 

-血圧と肌の悩みと解決法

Copyright© 血圧と肌のライフブック , 2018 AllRights Reserved.